弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、損害保険会社や共済が販売する弁護士費用特約に加入している被保険者が、交通事故等の被害に遭った場合、弁護士に相談する場合や示談交渉などを依頼する時に、加入している保険会社が弁護士費用を負担してくれるという特約である。

弁護士、行政書士、司法書士への報酬や、仲裁・和解の訴訟に要する費用を、300万円を限度に保険会社に負担してもらうことが可能である。被害者に過失がない場合、被害者は相手方の保険会社や弁護士を相手に不利な示談交渉を迫られることが多いが、弁護士費用特約があれば多くの場合、被害者は負担なしで示談交渉を有利に運ぶことができる。よほどの高額賠償案件でない限り、弁護士費用が300万円を超えることは稀であるので、弁護士費用特約がついている保険に加入していれば経済的負担がなく弁護士や行政書士、司法書士へ依頼できる。

また、本人が契約をしている保険でなくても、家族や親族が加入していることで弁護士費用特約が適用されるケースもある。

PAGE TOP