迷惑行為防止条例 

迷惑行為防止条例とは、住民の平穏な生活の確保を目的とし、公衆に著しく迷惑をかける行為を禁止した条例のことである。各地方公共団体ごとに規定され、正式名称や規定されている事項も異なっている。また、罰則も設けることができる。

一般的には「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」という名称であり、盗撮行為や痴漢、ストーカー行為の禁止などが規定されている。他にも禁止されている迷惑行為としてダフ屋行為、ショバヤ行為、押売行為、不当な客引行為などがある。

また、痴漢の場合、被疑者が下着の中に手を入れたようなケースでは刑法上の強制わいせつ罪として処理される傾向にあり、服の上から胸などを触ったケースでは各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反として処理される。

盗撮は各地方自治体が定める条例で処罰が定められている。たとえば東京都の場合、実際に下着などを撮影した場合だけでなく、盗撮目的でカメラを差し向けたり、トイレの個室などにカメラを設置した場合もそれだけで処罰の対象となる。ただし、処罰の重さは実際に撮影した場合とカメラを設置しただけの場合とで異なる。

PAGE TOP